京都府内に3店舗!向日市店・亀岡店・八幡店

腰痛・坐骨神経痛 ~TREE(ツリー)鍼灸整骨院 八幡店の症状解決例~

TAG
治療
村上 友斗
山本 佳代子

こんにちは。TREE(ツリー)鍼灸整骨院、院長の村上です。
 
本日は辛い腰痛の症状、座骨神経痛について、原因と対策についてまとめてみました!
 
 
坐骨神経痛
 

■ 坐骨神経痛とは

 
“坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」がさまざまな原因によって圧迫・刺激されることであらわれる、痛みやしびれるような痛みなどの症状のことを指します。
多くの場合、腰痛に引き続いて発症し、次にお尻や太ももの後ろ、すね、足先などに痛みやしびれるような痛みがあらわれます。”

引用:疼痛.jp
https://toutsu.jp/pain/zakotsu.html

 

 

座骨神経痛の症状例としては、

 

・体(腰)を動かすと脚の痛みや痺れが強くでる

・安静にしているのに、脚やお尻にキツく痛みが出て眠れない

・体を屈めると腰が痛くて、靴下をはけない

・立っていると脚が痛くなってきて、キツい

・長時間座っていると脚に痛みや痺れが出て、座っていられない

 

などです。
こうした症状は、脚の一部分だけに強く感じることもあれば、脚全体に強く感じる場合もあります。
 

■ 坐骨神経痛が出る原因

 
坐骨神経痛を発症する原因には、以下のようなものがあります。
 
1、腰部脊柱管狭窄症
 
腰部脊柱管狭窄(ようぶせきちゅうかんきょうさく)とは、腰のあたりにある脊柱管が狭くなって神経が圧迫された状態のことです。

脊柱管が老化や悪い姿勢、筋力低下などが原因で狭くなり、神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれるような痛み、麻痺や間欠跛行(かんけつはこう)と呼ばれる痛みによる歩行障害を伴うこともあります。
 
2、腰椎椎間板ヘルニア
 
背骨(脊椎)は、「椎体」という骨と、その間でクッションの役割をする「椎間板(ついかんばん)」が交互に積み重なっています。椎間板の中にはゼリー状の「髄核(ずいかく)」という部分があり、椎間板ヘルニアでは、何らかの理由でこの髄核が押し出され、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されることで痛みやしびれるような痛みが起こります。この状態が腰のあたりの背骨で生じたのが「腰椎椎間板ヘルニア」で、下半身に痛みが起こります。
 
3、梨状筋症候群、その他。
 
お尻の奥にお尻を横切るようについている筋肉(梨状筋)の中を走っている坐骨神経が、外傷やスポーツ活動などで筋肉により圧迫されて起こる、痛みのことを「梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)」といいます。
その他、脊椎・脊髄のがんや、骨盤内のがん 坐骨神経痛を起こすことがあります。
 

■ TREE(ツリー)の施術方針 座骨神経痛

 

これらの坐骨神経痛を引き起こす原因には、外傷やケガなどによる「急性」と、姿勢が崩れていることによる「慢性」があります。
 
「急性」に関しては、深部までとどく超音波治療器や特殊電療ハイボルテージ、この2つを組み合わせたコンビネーション治療で、直接痛みの原因の部分にアプローチし、早期に痛みをとります。
 
「慢性」に関しては、まずは姿勢を正すことが大切です。姿勢が崩れることで、腰に負担がかかり、脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアを引き起こしているからです。
 
では、なぜ姿勢はくずれるのでしょうか。
主な原因は筋肉の緊張・収縮にあります。
 
筋肉はとても繊細です。日常生活の様々な要因の影響を受けて、緊張・収縮します。筋肉と骨(姿勢)は非常に密着しているため、筋肉の緊張・収縮に引っ張られる形で、骨(姿勢)が歪んでしまいます。
例えば、普段のデスクワークや立ち作業、運動不足などの肉体的な要因。食生活の乱れなどによる内臓的な要因。仕事や家庭内でのストレスなどによる精神的な要因などです。本人にとっては毎日の事なので気づかないことが多いのですが、日常の様々な影響で徐々に姿勢が崩れ、腰に負担がかかり、何かをきっかけに(重たいものを持ったり、急に立ち上がったり)、腰痛や座骨神経痛を引き起こしてしまいます。
急性と違い、慢性は、施術でいったん姿勢を正しても、同じ日常習慣を続けていると、同じように姿勢は崩れ、痛みが戻ってきてしまいます。
今ある座骨神経痛を改善するのはもちろん、痛みが戻らないように日常習慣にアプローチすることが大切です。
 

■ TREE(ツリー)の施術内容 座骨神経痛

 
まずは、TREE(ツリー)鍼灸整骨院の独自技術で、姿勢を整えます。
体をボキボキ鳴らすような施術ではなく、痛みの無い、体の左右バランスを整え、姿勢を正していく施術です。痛みの出ている箇所を直接触るのではなく、痛みの原因になっているところを見つけ、そこにアプローチします。マッサージに行って身体が楽になったけど後で痛みがぶりかえしたり、他の整骨院・接骨院で適切な施術を受けられなかった多くの方が、当院の1回20分以内という短時間な施術で、座骨神経痛から開放されています。

整骨整体治療

 

そして、痛みがとれた後は、治療に運動を取り入れて、日常習慣へ対策していきます。
TREE(ツリー)鍼灸整骨院は、2階に運動スペースを併設していますので、そのスペースを利用して、日常動作の改善や、必要な運動やストレッチ、足りない筋力のトレーニングなどを行います。担当の柔道整復師は、事前の施術で患者様の体の状態を詳細に把握していますので、患者様一人ひとりの状態に合わせたメニューをご提案することが可能です。

 

ストレッチ

また、治療に運動を取り入れるのと同時に、定期的な姿勢のメンテナンスを行います。痛みがある時のように頻繁に施術を行う必要はありません。施術により正しい姿勢を体が覚えているので、以前のようにすぐには姿勢は崩れません。頻度は、体の状態によりますが、1ヶ月に一回程度を目安にしています。
 
TREE(ツリー)鍼灸整骨院では、
 
1,常に良い姿勢を体に覚えさせること
2,姿勢を崩す原因になる日常生活に対策すること
 
で、座骨神経痛の改善はもちろん、腰痛のない健康な毎日を実現します。
 
※TREE(ツリー)鍼灸整骨院八幡店はTREE向日市店、TREE亀岡店に続く3店舗目として2019年6月1日にオープン。八幡市、松井山手、樟葉の地域の方々の健康生活を支えていきます。腰痛・肩こり・スポーツ障害・首痛などの慢性症状から怪我や交通事故などの急性症状まで幅広く体の痛みに対応しています。

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 075-754-6108 受付時間 9:30〜20:00会員登録不要! メール予約 24時間受付