京都府内に3店舗!向日市店・亀岡店・八幡店

ばね指 ~TREE(ツリー)鍼灸整骨院 八幡店の症状解決例~

TAG
治療
村上 友斗

こんにちは。TREE(ツリー)鍼灸整骨院、院長の村上です。
 
私たちは日常的に意識しなくても多くの体の部分を使っています。特に指は毎日使っているものの、オーバーユースに気が付くことが難しい部位です。実は、ばね指は多くの人が悩みを抱えている病気です。症状例を参考に、しっかり対策をとっていただければと思います。

ばね指

 

こんな症状に悩んでいませんか?

 
・指全体や付け根が痛い
・起き抜けに指が痛い
・指の曲げ伸ばしが困難である
・指が熱を持って腫れてきた
 
上記の症状に1つでも当てはまる人は、TREE(ツリー)鍼灸整骨院八幡店までご相談ください。
 

■ばね指とは

 
私たちの指は筋と骨を結び付ける腱によって曲げ伸ばしすることができます。手を握るときに使われている筋肉は前腕にあり、その力を指に伝えているのが腱です。また力が伝わる通り道である屈曲腱が浮き上がらないように靱帯性腱鞘(じんたいせいけんしょう)が押さえています。ベルト通しのなかをベルトが通っているような状態を思い浮かべるといいでしょう。

靱帯性腱鞘は指の部分にありますが、指の付け根では力がかかりやすく炎症になりやすいでしょう。この部分の腱や腱鞘が炎症を起こすと腱鞘炎になります。さらに進行すると引っ掛かりがでて、ばね指になるのです。ばね指になると筋肉が通りにくくなり、曲げ伸ばしの際にばねのような動きになります。
 

■ばね指になりやすい人の特徴

 
・仕事や家事で手を使いすぎてしまう
・更年期や妊娠出産期の女性
・糖尿病、リウマチ、透析患者
 
ばね指になると動かすたびに摩擦で炎症が進んでしまい、腱鞘が分厚くなりさらに腱が肥大して通りにくくなってしまうのです。この悪循環によって症状が進行するため、早い段階で対処するようおすすめします。
 

■ばね指の原因

 
ばね指は腱鞘炎が悪化することで起こります。腱鞘炎になるのは指を動かしている筋肉のオーバーユースが原因です。筋肉の緊張を取ることで一時的に症状は改善するものの、症状があまりに強い場合は手術も必要になるでしょう。腱鞘を切ることで症状は早期に改善します。しかし、手術になる前に指への負担を減らすことで、早めに対処することをおすすめします。

指の筋肉が硬くなるのはオーバーユースや前腕部の柔軟性の問題であることが多いでしょう。そのため、施術によって一時的に症状が改善しても同じ生活を送っていれば自然に筋が硬くなって症状が再発します。家事や仕事などで指を使いすぎている場合は、指を休ませ続けることも困難です。根本的にばね指を改善するには指の使い方や習慣から改善する必要があります。
 

■ばね指に対処するためのTREE(ツリー)の治療方針

 
鍼灸整骨院というとボキボキと骨を動かすことで姿勢を整えるイメージがある方も多いかもしれません。しかしTREE(ツリー)鍼灸整骨院では、痛みが伴うような施術ではなく身体のバランスを整える施術をおこなっています。問診でどの範囲に痛みがあるのか確認した後は、どういったときに痛むか、指の使い方や痛む頻度も確認します。
 
人によってばね指の原因となる普段の動作は異なります。TREE(ツリー)では、問診で症状や生活をしっかりと確認して1人1人に最適な動作改善やストレッチ、必要があれば筋力トレーニングを提案しています。
 
TREE(ツリー)では痛みを早期に軽くするため、深部までとどく超音波治療器や特殊電療ハイボルテージ、この2つを組み合わせたコンビネーション治療を導入しています。
同時に痛みの根本的な原因である前腕部の筋肉を治療していきます。前腕部の筋肉への手技やストレッチによって、柔軟性を高めることで、痛みの緩和が期待できます。
 
その後TREE(ツリー)では、症状を悪化させないための動作や習慣についても指導していきます。
 
指先の挙動は日常動作や運転、家事や趣味など多くのシーンで影響を与えます。健康的でQOLが高い生活を送るためにも、症状の根本的な改善を目指しましょう。

 
※TREE(ツリー)鍼灸整骨院八幡店はTREE向日市店、TREE亀岡店に続く3店舗目として2019年6月1日にオープン。八幡市、松井山手、樟葉の地域の方々の健康生活を支えていきます。腰痛・肩こり・スポーツ障害・首痛などの慢性症状から怪我や交通事故などの急性症状まで幅広く体の痛みに対応しています。

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 075-754-6108 受付時間 9:30〜20:00会員登録不要! メール予約 24時間受付