京都府内に3店舗!向日市店・亀岡店・八幡店

腸脛靭帯炎(ランナー膝)について

TAG
治療
トレーニング
パフォーマンスアップ
村上 友斗

こんにちは。TREE(ツリー)鍼灸整骨院 八幡店です。

気分転換やダイエットなどを目的にランニングをしている人は多いでしょう。ランニングすることで運動不足を解消したりストレス発散で着たりと多くのメリットがあります。しかし、そんなランニングに励む人々の障害になりがちなのが腸脛靭帯炎です。腸脛靭帯炎、別名ランナー膝についてまとめました。

 

 

 

こんな症状に悩んでいませんか?

・ランニング時に痛みを感じる

・階段を降りるときに痛い

・走り続けると痛みが強くなる

・痛みで正座ができない

以上の症状に1つでも心当たりがある人はTREE(ツリー)までご相談ください。

腸脛靭帯炎の症状は人によってまちまちです。日によっては痛みを感じないという人から、日常生活に支障が生じている人までいるでしょう。腸脛靭帯炎は早めに対処しないと、症状が悪化してしまう可能性があります。

 

 

 

 

■腸脛靭帯炎(ランナー膝)とは

腸脛靭帯は膝の外側と骨盤を結ぶ幅が広い筋のことです。膝の曲げ伸ばしを繰り返すと腸脛靭帯と大腿骨の一部がこすれます。この摩擦によって炎症を起こし、痛みとなるのが腸脛靭帯炎です。股関節に負担となる動作や走り方を繰り返すと、股関節の筋肉が硬く凝り固まります。その結果、股関節についている腸脛靭帯にかかる負担も大きくなるでしょう。 腸脛靭帯炎は練習量が急に増えた、運動を始めたという人に発症しやすい病気で、運動後に熱を持ったり、腫れたりすることもあります。一時安静にすることで症状がおさまることもあります。しかし、運動を再開すればまた症状をぶり返す可能性が高いでしょう。腸脛靭帯炎は痛みを取るだけでなく、その原因を解明して根本改善することが大切です。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)

■腸脛靭帯炎の対処法

・筋力アップ 腸脛靭帯炎になってしまった場合は、まず炎症を抑えるとともに痛みの原因である腸脛靭帯と大腿骨の摩擦を改善します。摩擦が大きくなる原因や腸脛靭帯の柔軟性の低下です。また、腸脛靭帯は大腿筋膜張筋と大殿筋という筋につながっています。腸脛靭帯を柔らかく保つためにこれらの筋肉をしっかり動かして、筋力アップすることが大切です。

・動作の改善 脚の形や走り方によっては、走っているうちに膝に負担をかけていることがあります。そのため、ランニング動作を改善するためには足首や股関節の柔軟性を高めたり、正しい動作を身体に覚えさせたりする必要があるでしょう。普段のケア不足や、急に運動をし過ぎるなどのオーバーワークも腸脛靭帯炎の原因になるため、正しい運動法を身につけることが大切です。

 

 

 

 

■腸脛靭帯炎(ランナー膝)に対する TREE(ツリー)の治療方針

TREE(ツリー)では痛みの範囲をうかがった後は、痛みを軽減させるために、深部までとどく超音波治療器や特殊電療ハイボルテージ、この2つを組み合わせたコンビネーション治療をおこないます。最新機器を使った施術で痛みの原因部分に直接アプローチし早期に痛みをとり、股関節まわりの筋肉への手技やストレッチで痛みの緩和ケアをしていきます。 TREE(ツリー)の特色は運動スペースを併設していることです。痛みが改善した後は走り方のフォームや足のつき方などを詳細に評価させていただきます。TREE(ツリー)では国家資格を持つ柔道整復師と、プロアスリートも担当するトレーナーが連携して動作改善に取り組みます。筋力の低下や股関節の柔軟性の低下は自分では気づきにくいかもしれません。TREE(ツリー)ではこのような見えない症状へアプローチして健康的な体を目指します。 人によって筋肉量や運動習慣、もともと持っているクセは全く違うでしょう。TREE(ツリー)ではこれらをカウンセリングして1人1人に合った最適な動作改善やストレッチ、筋肉トレーニングなどを提案させていただきます。腸脛靭帯炎の根本改善を目指すならTREE(ツリー)までご相談ください。

柔道整復師 村上

 

 

 

 

 

お悩み解決例 一覧

サービス一覧
サービスと料金に
ついてはこちら
ご予約・お問い合わせ
0771-24-7575
お気軽にお電話ください 075-754-6108 受付時間 9:30〜20:00会員登録不要! メール予約 24時間受付